ディフェリンゲルは毛穴の開きに効果はあるの?

この記事は4分で読めます

皮膚科で処方されるニキビの塗り薬に、ディフェリンゲルがあります。このディフェリンジェルの効果はどうなのか?気になるという巷の声が聞かれます。

 

ネットの質問コーナーでは

 

「ディフェリンゲルで毛穴の開きとしみがなくなる?」
「ニキビ跡と毛穴の黒ずみに効果はあるの?」

 

という話が話題になっていました。

 

しかし、はっきりとした回答がなかったので

 

ディフェリンゲルで毛穴の開きに効果があるのか?
ディフェリンゲルは、ニキビ跡や毛穴の黒ずみ、しみに効果があるのか?

 

まとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

ディフェリンゲルってどんな塗り薬?

ディフェリンゲル 毛穴

 

皮膚科の治療に使われる、ディフェリンゲルってどんな塗り薬なのか紹介します。

 

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりを取り除いてくれる塗り薬です。

 

目に見えない小さい毛穴のつまりや、ニキビの初期症状の白ニキビや黒ニキビに作用してニキビの進行を防いだり、ニキビが出来るのを防いでくれます。

 

赤ニキビなどの炎症をおこしたニキビには、ニキビ菌の繁殖や炎症を抑える薬と併用することで、ほとんどすべてのニキビを防ぐことができます。

 

なんだ、毛穴の詰まりを取り除くだけなんて、たいした薬じゃないよねって思うのはまだ早いです。

 

実はディフェリンゲルにはアダパレンというレチノイド(ビタミンA誘導体)と似たような効果をもつ成分が入っています。

 

アダパレンやレチノイドについては後で詳しく説明しますが、かいつまんで言うとピーリングに似たような効果があって、毛穴の詰まりを取り除く効果は半端なく凄いのです。

 

ディフェリンゲル 毛穴

出典 ディフェリン公式サイト

 

ディフェリンゲルは2008年に、ようやく日本でも保険が適用になり、皮膚科で処方してもらえるようになりましたが、海外ではニキビ治療の人気薬でした。

 

つまり日本は、皮膚科でのニキビ治療がかなり遅れていたのです。

 

ディフェリンゲルは現代の黒船のごとく、日本のニキビ治療に革新をもたらしたのです。

 

アダパレンの効果は?

ディフェリンゲルの主要成分はアダパレン。アダパレンはレチノイド(ビタミンA誘導体)と似た働きをしてくれます。

 

レチノイドには、ピーリング効果やターンオーバーを促し、角質を取り除く作用があります。さらに細胞を再生する力や、肌の奥にあるメラニンも排泄してくれるため、シミの根本的な治療ができます。

 

少しややこしいのですが、レチノイドは薬などの成分に表記されるときはレチノイン酸と呼ばれます。

 

このレチノイン酸(レチノイド)は、国内では化粧品に使用することを認可されていないので、皮膚科や美容クリニックなどで処方してもらわないといけません。

 

レチノイン酸は美容皮膚科では、ニキビのほか、しみやたるみ、毛穴などの悩みに対しても、処方されていますが、保険適用外なので自費になります。

 

ここで少し整理します。ディフェリンゲルの主要成分はアダパレン。アダパレンはレチノイドと似た働きがあります。

 

レチノイドには

 

ピーリング効果
ターンオーバーを促進
細胞を再生する
メラニンも排泄

 

という働きがあります。

 

ですので、毛穴の開きや、毛穴の黒ずみ、しみには効果があるということです。

 

アダパレンとレチノイドどちらが効果があるの?

アダパレンはレチノイドと似ているわけですが、どちらが効果があるのかというとアダパレンに軍配があがります。

 

同じ濃度で比較すると、アダパレンのほうが効果が早く、副作用が少ないとされています。それでいて保険適用なんて、本当に夢みたいなニキビの塗り薬です。

 

ディフェリンゲル 毛穴

 

ディフェリンゲルと一緒に処方される薬

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりを取り除いてくれる塗り薬です。

 

初期の白ニキビや黒ニキビ、これから出来るニキビの予防は出来るのですが、赤ニキビ、黄ニキビなどの場合は、殺菌の薬や炎症を抑える薬も一緒に処方されます。

 

おもな併用薬を紹介しておきますね。

 

外用剤

リンコマイシン系抗生物質
細菌のたんぱく質合成を阻害、抗菌作用
ダラシンTゲル
ダラシンローション

 

ニューキノロン系抗生物質
アクネ菌やブドウ球菌などを殺菌
アクアチムクリーム
アクアチムローション
アクアチム軟膏

 

非ステロイド性の抗炎症薬
炎症による赤み、腫れ、痛み、かゆみを和らげる
スタデルムクリーム

 

保湿剤
ヒルドイドソフト
ビーソフテンローション

 

化粧水
角質柔軟作用、殺菌作用
イオウカンフルローション

 

内服薬

テトラサイクリン系抗生物質
細菌の増殖を抑制、殺菌作用
ミノマイシン
ビブラマイシン

 

マクロライド系抗生物質
細菌の増殖、発育を抑制、殺菌作用
ルリッド
クラリシッド
クラリス

 

セフェム系抗生物質
細菌の抑制と殺菌作用
バナン
セフゾン
フロモックス

 

ニューキノロン系抗生物質
抗菌剤で殺菌作用
クラビット
オゼックス
スパラ
シプロキサン

 

ビタミンB2製剤
皮脂分泌の抑制効果
フラビタン

 

ビタミンB6製剤
ターンオーバーの改善
ピドキサール

 

ビタミンC製剤
皮膚を正常にたもつ働き
シナール

 

ホルモン剤
男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを正常化
メサルモンF

黄体ホルモンの代謝産生物、皮脂分泌量の減少効果
ジオール

 

漢方薬
荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
化膿や炎症をおこしやすい症状の人

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
きれいな赤色のニキビが多い人

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
赤みや腫れ、かゆみや化膿がある人

桂枝茯苓丸加よく苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)
シミことに赤紫がかったニキビの人

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
ホルモンバランスが崩れいている女性

 

kehon

 

余談ですが

「化粧品を正しく使えばあなたはもっとキレイになれる」

の著者で東京女子医科大学の川島眞教授

 

特に抗生剤とディフェリンとの併用により、悪化したニキビの治療にも応用できるのではないか

 

とおっしゃっています。

 

 

 

化粧水をつけて保湿しよう

 ディフェリンゲルの公式サイトでは、薬と一緒に化粧水などの保湿剤を併用することをすすめています。

ディフェリンゲルの成分、アダパレンには角質を取り除く作用があるので、肌が乾燥してしまうからです。ディフェリンゲルを製造販売元している、ガルデルマ株式会社さんにおすすめの化粧水を聞いてみました。

おすすめの化粧水は、低刺激で保湿効果がありノンコメドジェニックのものだそうです。以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせて読んでみて下さいね。

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ルナメアACシリーズ

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ノブACアクティブ

 

ディフェリンゲルと一緒に使いたい化粧水と順番は?

 

 

まとめ

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりをぐ作用があるので、毛穴の開きや、毛穴の黒ずみというニキビの初期症状や、しみに効果が期待できます。

 

抗菌や炎症を抑える薬と併用すれば、赤ニキビや黄ニキビにも効果を発揮してくれます。しかし残念ながら、ニキビ跡には効果が期待できません。

 

ニキビ跡は、基本的に保険適用内の治療では治すことができません。ニキビ跡の治療方法についても詳しい記事を書いていきますので、そちらを参考にしてくださいね。

 

 

ディフェリンゲルについては、塗り方の注意点や副作用についても、お伝えしたい事がまだまだありますのでこちらも詳しい記事を書いていきます。

 

ディフェリンゲルは、効果のあるニキビの塗り薬です。正しい使用方法でニキビを退治しましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 背中ニキビ跡 消す方法
  2. ベピオゲル 効果
  3. ディフェリンゲル 化粧水

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. ディフェリンゲル 化粧水
  2. ニキビ 薬 化粧水
  3. ディフェリンゲル 化粧水

Google+