ニキビの塗り薬!効果が期待できる市販薬ベスト3

この記事は5分で読めます

ニキビが出来た時に、一番最初に思い浮かぶのが塗り薬。テレビコマーシャルでもよく見かけますよね。

 

そこでニキビの塗り薬で効果が期待できるベスト3を紹介します。

 

ベスト3といってもランキングにはしていません。塗り薬なので症状によって使えるもの、使えないものがあるからです。

 

そして、ニキビの塗り薬には、薬局やドラッグストアで気軽に買える市販薬と、皮膚科で処方してもらう処方箋の2種類があります。

 

 

処方箋はお医者さんが診断して書いてくれるもの。自分で選べるものではありませんので、市販薬のベスト3を紹介します。

 

後述しますが、効果が認められてもステロイド(副腎皮質ホルモン)系の塗り薬は除外し、安全性があって、効果が期待できるものに限って紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

 

市販薬についての基礎知識

薬局やドラッグストアで気軽に買う事が出来る、塗り薬を紹介したいのですが、最初に市販薬の基礎知識についてお伝えしたいと思います。

 

そんなの知っているよ~って方は、次の項目から読んで下さいね。

 

まず、塗り薬だけでなく市販薬を買う時に気になるのが医薬品医薬部外品の違い。

 

それに医薬品の中には「第一類」「第二類」「第三類」という種類もあるし、何を選んだらいいのか迷いませんか?

 

市販薬を買う時に迷わないように、どのような違いがあるのか、整理しておきましょう。

 

まず、医薬品と医薬部外品の違いから。

 

医薬品は、病気の治療や予防に使われる薬で、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められています。

 

それに対し医薬部外品は予防、衛生を目的に作られていて、効果効能は表示できません。立場的には医薬品と化粧品の中間に位置しています。

 

 

さらに、「第一類」「第二類」「第三類」について整理します。正式には「第○類医薬品」といいます。

 

第1類医薬品は、副作用、飲み合わせなど安全性上、特に注意を要するもので販売は薬剤師さんに限られています。お店の中でも、手の届かない場所に置いてあります。

 

第2類医薬品は、副作用、飲み合わせなど安全性上、比較的注意を要するもので、登録販売者からも買うことができます。

 

第3類医薬品は、副作用、飲み合わせなど安全性上で、第1類医薬品や第2類医薬品以外の一般用医薬品です。

 

ということは、効果のある順番としては以下の通りです。

 

第1類医薬品(効果が高い)

第2類医薬品

第3類医薬品

医薬部外品

化粧品

 

今後の参考にしてみてくださいね。

 

市販薬で効果が期待できるニキビの塗り薬

市販薬で効果が期待できるニキビの塗り薬を紹介します。ちなみになんですが、ニキビの塗り薬の市販薬に入っている主な成分は以下のものが多いです。

 

硫黄(皮脂吸収作用、殺菌作用)
レゾルシン(アクネ菌殺菌、角質軟化、角質除去効果)
サリチル酸(アクネ菌殺菌作用、角質層を柔軟にする)
イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌殺菌作用)
グリチルリチン酸ニカリウム(ニキビの炎症、赤みを抑える)
アラトイン(ニキビの炎症、赤みを抑える)
ビタミンC誘導体(メラニン生成を抑制)
AHA(保湿、角質除去)

 

では市販されているニキビの塗り薬で、効果が期待できるものベスト3を紹介します。

 

 

 

クレアラシル治療薬クリーム(第2類医薬品)

kurere

テレビコマーシャルでも有名なクレアラシル。

 

一般的にクレアラシルといえば、このタイプになります。10代~30代までの幅広い年代に愛されています。うちの旦那のように、10代の頃の思春期ニキビから愛用していて、30代になっても手放せないという人もいます。肌色タイプがあるので、赤みを隠したい時にも重宝します。

 

対象者  ニキビ跡、赤ニキビ
有効成分 硫黄、レゾルシン、グリチルリチン酸ニカリウム、ビタミンE
期待できる効果 アクネ菌を殺菌し、ニキビの腫れや赤みを抑えます。

 

オトナ肌対策薬用アクネジェル(医薬部外品)

otona

大人ニキビ対策のクレアラシル。

透明なオイルフリージェルで、メイク前後にも使えて美白効果もあります。

 

対象者  ニキビ跡、赤ニキビ、あごニキビ 
有効成分 イソロピルメチルフェノール、アラトイン、ビタミンC誘導体
期待できる効果 肌を乾燥させずに炎症を抑え、角質を軟化してくれ美白効果もあります。

 

ペアアクネクリームW(第2類医薬品)

069-01

非ステロイド系の抗炎症剤で、初期の白ニキビから赤ニキビまで、さらには背中ニキビにも使えます。

 

名前の通り炎症を鎮めて、アクネ菌を殺菌してW効果でニキビを治療してくれいます。予防効果もあるので、治療と予防のW効果という意味も入っているのかもしれません。

 

肌に塗ると透明になるので、メイクの上からも使えます。

 

対象者 白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、背中ニキビ
有効成分 イブプロフェンピコノール
期待できる効果 アクネ菌による面皰(めんぽう)の生成を抑え、赤ニキビの炎症を鎮める

 

個人的には、クレアラシル治療薬クリームは重たい印象がありますが、家の旦那は大好きでニキビが出来ると使っています。ちなみに最近では、症状にあわせてペアアクネクリームWと使い分けています。

 

メイクをする女性としては、美白効果も期待できるオトナ肌対策薬用アクネジェルがおすすめです。

 

 

塗り薬にニキビ専用の化粧品をプラスすると乾燥が防げます

ニキビの塗り薬は、肌を乾燥させてしまうものもあります。ニキビが改善しても肌が乾燥していると、また皮脂が出てきてニキビを誘発することがあります。

 

なぜ肌が乾燥すると皮脂が出るのかというと、肌の飢餓反応によりるものです。乾燥すると、肌は自から皮脂を出し、肌を潤わせようとするんです。

 

よくニキビを改善しようと油分を取り去るお手入れをする人がいますが、それは逆効果なんです。油分がなくなると、肌はもっと頑張って皮脂を出してきます。なのでニキビを改善するには、そこそこ油分も必要だということを忘れないでください。

 

ニキビの塗り薬を使用するときに肌が乾燥するのであれば、ニキビ専用化粧品を使用して乾燥を防ぎましょう。最近では、ニキビの薬と一緒に使用できる化粧水もあるのでおすすめです。

 

ニキビ肌専用化粧品はこちらの記事で紹介しています

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ルナメアACシリーズ

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ノブACアクティブ

 

ニキビケア化粧品のおすすめ!場所(背中・顎(あご)・頭皮・お尻)や肌質別まとめ

 

ニキビ跡(赤み、色素沈着、凸凹)におすすめ化粧品のまとめ

 

ニキビケア化粧品の力を120%以上発揮するパルクレールジェルって?

 

 

 

ステロイド(副腎皮質ホルモン)は避けたい理由

私はニキビ肌ではないですが、敏感肌なので皮膚科にはよく通っています。

 

私がいつも皮膚科で言われることは、ステロイド(副腎皮質ホルモン)など強い成分が入っている薬は症状がよくなったらすぐに使うのを辞めてくださいということ。

 

強い薬を長く使い続けていると、いろいろな副作用がでてくるからです。

 

私のお友達で、自己判断で市販のステロイドが入っている薬を長期使用していて視力が落ちてしまった人がいます。かなり症状が深刻だったので、使用量の規定を知っていながらも、たくさん塗ってしまったのです。

 

私自身の経験からも、ステロイドをつけると肌呼吸ができないような苦しさを、体全体で感じました。お友達と私自身の経験から、ステロイドに関してはどうしても慎重になってしまいます。

 

最近では塗り薬のステロイドは長く使用してはいけない、と世間に知れ渡っているのですが、即効性があり、肌がツルツルになるので長期にわたって使い続ける方もいます。

 

 

自己判断ほど怖いものはないですから、説明書の言いつけは必ず守りましょう。薬剤師さんに使用法をきちん教えてもらうもの一つの手です。私はどんなに軽い症状でも、必ず薬剤師さんに相談します。

 

相談すると自分で思っていたことと、違うことを言われることがあるからです。

 

つまり自己判断の思い込みで、自分の症状に合わない薬を選んでしまう可能性があるからです。

 

 

正しい治療をする為にも、専門家の意見は積極的に聞いたほうがいいです。

 

あまりにひどい場合は、皮膚科に行って相談してくださいね。ステロイドだけでなく、抗生物質にしても副作用はつきものなので、塗り薬は一時的な使用にとどめる方がいいです。

 

まとめ

市販のニキビの塗り薬ベスト3を紹介させていただきました。

 

確かに効果は期待できますが、一時的な使用をおすすめします。どんなに肌に穏やかな成分の塗り薬でも、薬にはリスクがつきものです。(薬を反対から読むとリスクですからね)

 

そして一番大切なのは、自分のニキビの症状にあった塗り薬を選ぶこと。

 

市販薬の場合は、自己判断をせずに薬剤師さんに相談したり、説明書をよく読んで正しい使い方をしましょう。くれぐれもステロイド(副腎皮質ホルモン)にはご注意を!

スポンサードリンク

関連記事

  1. ベピオゲル 副作用
  2. ディフェリンゲル 化粧水
  3. ディフェリンゲル 化粧水

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. ディフェリンゲル 化粧水
  2. ニキビ 薬 化粧水
  3. ディフェリンゲル 化粧水

Google+