ベピオゲルとディフェリンゲルを比較してみた

この記事は5分で読めます

ベピオゲルとディフェリンゲル

出典 maruho

 


ニキビ治療薬のディフェリンゲルは、ニキビ治療の救世主として人気なのですが、2015年4月にまたまた新たなニキビ薬、ベピオゲルが保険適用になり話題になっています。

 

ディフェリンゲルに続きベピオゲルの保険適用により、ニキビ治療は皮膚科の範囲内である程度カバー出来るようになりました。

 

ベピオゲルもディフェリンゲルも今までは、自費で高いお金を払わないと治療ができませんでした。治療したくても、気軽に手を出せるものではなかったので、保険適用になったのはとてもありがたいです。

 

ですので、ニキビを治すためにうまく利用しちゃいましょう。そんなわけで、ベピオゲルってどんな薬なのか?ディフェリンゲルとはどう違うのか?違いについてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)

2015年4月に保険適用になった、ベピオゲルについて、効果や副作用など気になる部分をまとめました。

 

ベピオゲルってどんな薬

ベピオゲルには、過酸化ベンゾイル(benzoyl peroxide 略してBPO)という成分が入っています。もしかしたら、過酸化ベンゾイルという名前のほうがニキビで悩んでいる人には、なじみがあるかも知れません。

 

過酸化ベンゾイルは、あのプロアクティブのアメリカ版に配合されている成分。ニキビがなかなか治らない人が、アメリカ版を手に入れてケアしているという話もよく聞きます。

 

アメリカ版のプロアクティブに配合されている過酸化ベンゾイルには強力な殺菌とピーリング作用があるからです。

 

日本版の場合は過酸化ベンゾイルの代わりに、サリチル酸、グリコール酸 、ビタミンA 、ビタミンCが配合されているにですが、効果はアメリカ版には及ばないものでした。

 

そんなニキビに対して強力な成分、過酸化ベンゾイル配合のベピオゲルの効果はどうなっているのでしょうか?

 

ベピオゲルの効果

ベピオゲルには、ディフェリンゲルと同じように角質を剥離するピーリング効果と、ニキビの原因菌であるアクネ菌の殺菌作用があります。

 

さらに炎症のあるニキビやまだ炎症の現れない(面ぽう)に対しても効果を発揮するので、ニキビ跡以外のニキビ治療に効果が期待できるということです。

 

ベピオゲルはニキビ跡に効果はあるのでしょうか?

 

ニキビ跡クレーターに効果的な治療法は?

 

ニキビの薬は、基本的に肌の角質を剥離するピーリング効果がある薬と、アクネ菌を殺菌する抗菌剤(抗生物質)の2つがあります。

 

今までであれば、ピーリング効果のある薬と抗菌剤を併用するというのが、病院での主な治療法でした。しかし、ベピオゲルは抗菌作用も持っているので、この薬単体での治療が可能になりました。

 

後述しますが、抗菌剤というのはニキビ治療を妨げることもあるので、抗菌作用をもち抗菌剤を併用しないでいいベピオゲルにはかなり期待ができますね。

 

ベピオゲルの副作用

ベピオゲルには角質を剥離する効果があるので、肌のヒリヒリや赤み、肌の皮が剥けることがあります。

 

また、ベピオゲルには漂白作用があるので、髪の毛や洋服につくと脱色してしまう可能性があります。

 

今のところ、まだ発売間もないために、正確な情報がわかっていません。今後、情報が入り次第、追記していきますね。

 

ベピオゲルの効果は凄いけど疑問点もあるのですが・・

 

 

 

ベピオゲルの副作用は、肌が乾燥することも原因の一つになるので化粧水などで保湿することが大切ですよ。

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ルナメアACシリーズ

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ノブACアクティブ

 

 

 

 

ベピオゲルディフェリンゲル

 

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは2008年に、日本で保険が適用になったニキビの塗り薬です。

 

それまでは、抗菌作用のあるアクアチームクリーム、ダラシンTゲルが皮膚科治療薬として処方されていました。

 

しかしディフェリンゲルが保険適用になったことで、皮膚科のニキビ治療が劇的に変化しました。そんなディフェリンゲルの効果や副作用などを紹介していきます。

 

ディフェリンゲルってどんな薬

ディフェリンゲルの主要成分はアダパレン。アダパレンはレチノイドと似た働きがあり、肌の角質を剥離するピーリング効果があります。

 

今までのニキビ治療はアクネ菌を殺菌する抗菌剤がメインだったので、ディフェリンゲルの登場で、皮膚の角質剥離の効果も望めるようになり、皮膚科のニキビ治療がすごく進歩したと言われています。

 

ディフェリンゲルの効果

ディフェリンゲルゲルの成分、アダパレンには、ピーリング効果、ターンオーバーを促進、細胞を再生する、メラニンの排出という効果があります。

 

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりを取り除いてくれる効果が高いので、初期の白ニキビや黒ニキビ、これから出来るニキビを悪化を防ぎ、これからできるであろうニキビも防いでくれます。

 

赤ニキビ、黄ニキビなどの場合は、抗菌剤や抗炎症剤を併用すれば効果が期待できます。つまり、ディフェリンゲルは、ニキビ跡以外のニキビには効果を発揮することができるのです。

 

ディフェリンゲルは毛穴の開きに効果はあるの?

 

ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルの副作用と言われる症状には、肌の赤みやヒリヒリ、肌の皮剥けなどがあります。

 

しかしこれらの症状は、治療の過程で通らなければならない道で、副作用ではなく随伴症状といいます。

 

これらの随伴症状は、ディフェリンゲルを使用してから1週間後くらいから始まり、2週間~1か月くらいで徐々に治まってきます。

 

ディフェリンゲルは注意して使えば怖くないニキビ特効薬!

 

ディフェリンゲルの随伴症状も、肌が乾燥することが引き金になります。ディフェリンゲルの公式サイトでもアナウンスされている化粧水などで保湿することを忘れない事。

肌が保湿されていれば、症状を緩和することが出来ますからね。

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ルナメアACシリーズ

 

ニキビの薬と一緒に使える化粧水!ノブACアクティブ

 

ディフェリンゲルと一緒に使いたい化粧水と順番は?

 

kaga

 

ベピオゲルとディフェリンゲルを比較

ベピオゲルとディフェリンゲルを比較してみました。

 

今のところ、ニキビ治療の特効薬ということではベピオゲルに軍配があがります。

 

ベピオゲルもディフェリンゲルも角質剥離のピーリング効果という点は一緒です。ベピオゲルには、ディフェリンゲルに入っていない抗菌効果があるからです。

 

ディフェリンゲルの場合は抗菌効果がないので、アクアチームクリーム、ダラシンTゲルなどの抗菌剤(抗生物質)を併用する必要があります。

 

いくら毛穴の詰まりを取ってくれる角質効果があっても、ニキビの原因菌であるニキビ菌を殺菌しないことには、ニキビを治すことができないからです。

 

しかし、抗菌剤というのはアクネ菌の殺菌作用はあるのですが、耐性菌を作る原因にもなってしまし、ニキビ治療の妨げになることもあるのです。

 

角質剥離の効果はディフェリンゲルのほうに軍配が上がるのですが、随伴症状がひどく、薬の継続を続けられない人が多いのです。

 

その点ベピオゲルは、肌の赤み、ヒリヒリ、皮剥けなどもディフェリンゲルに比べると症状が軽いので、使いやすいさからもこちらに軍配がああります。

 

耐性菌って何?

耐性菌というのは、抗菌剤などの抗生物質を続けて服用することにより、細菌が抗生物質に対して耐性を持ってしまうことです。

 

つまり、菌が耐性を持ってしまい、抗生物質が効かない状態になってしまうのです。

 

昔、格闘家の大仁田や厚さんが、怪我の手術を何回も繰り返して何針縫ったとか話題になっていたことがありました。

 

手術の度に抗生物質を使用していたので、最終的には抗生物質が効かなくなってしまい痛みが押さえられず、大変なことになったそうです。

 

また、ねずみやゴキブリも、除去剤に対しての耐性ができてしまい、捕獲できず増えてしまうような事態にもなっています。

 

アクネ菌の場合で言えば、アクネ菌が抗菌剤に耐性をもってしまい、抗菌剤が効かなくなってしまう状態ですから、あまり継続して抗菌剤を使用してはいけないのです。

 

抗生物質って、善玉菌も殺す作用もあるので、必要以上に長い期間使用するのはいけません。

 

ベピオゲルの抗菌効果は大丈夫なのか?

ベピオゲルにも抗菌効果があるので心配される方もいらっしゃると思います。

 

しかしベピオゲルは抗菌剤ではなく、抗菌作用があるだけなので、耐性菌の心配はありません。

 

「いまだアクネ耐性菌の発現報告はなく、抗菌薬耐性菌に対しても抗菌作用が認められている」と販売元のマルホさんも報告しています。

 

ベピオゲルなら、耐性菌の心配もなくアクネ菌の殺菌と毛穴の詰まりを解消できるので安心です。

 

ベピオゲルディフェリンゲル

 

デュアテック配合ゲル

抗菌剤の話をしたので、もう一つ2015年5月に発売になったニキビ新薬のデュアテック配合ゲルについても軽く紹介しておきます。

 

デュアテック配合ゲルは、ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)とダラシンTゲルのクリンダマイシンという成分(抗菌剤)を配合したニキビ薬です。

 

クリンダマイシンというのは、抗菌剤です。いまさら、ベピオゲルに抗菌剤を入れる必要もない気がするのですが。

 

今ある情報で判断すると、積極的に使用することもないような気がしています。

 

まとめ

ベピオゲルやディフェリンゲルの認可によって、日本も病院でのニキビ治療が、やっと世界レベルに追いついてきました。

 

保険適用の薬だけでニキビ治療ができるなんて、夢のような話です。

 

ディフェリンゲルが保険適用になるまでは、日本の病院でのニキビ治療は、明治時代から使用されている硫黄カンフルローションが処方されているような状態でした。

 

世界に比べてニキビ治療はかなり遅れいていたのです。これでやっと世界レベルになりました。

 

ベピオゲルとディフェリンゲルを比較すると、ベピオゲルに軍配が上がります。

 

もちろんこの薬は、病院で処方してもらわないといけないので、お医者さんにきちんと相談してくださいね。

 

お医者さんで治療するときの注意なのですが、ニキビ治療でベピオゲルやディフェリンゲルを処方してもらうだけでなく、レーザーなどの自費での治療も一緒に受ける場合は、すべて自費での治療となります。

 

1つでも保険適用外の治療が入ると、すべて保険適用外になるので注意してくださいね。

 

まだ、ベピオゲルとデュアテック配合ゲルは出たばかりの薬なので、詳しい情報がわからないので、情報が入り次第お伝えしていきます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ディフェリンゲル 化粧水
  2. ベピオゲル 効果
  3. ベピオゲル 副作用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。