白ニキビが痛い!それってもしかして黄ニキビかも

この記事は5分で読めます

白ニキビが出来て、痛いと悩んでいるあなた!それは黄ニキビの可能性がありますよ。

 

そもそも白ニキビって、色がついていません。見た目ではちょっとニキビだと気がつきにくいです。

 

触ってみた時に、なんかザラザラしているようなブツブツが白ニキビなんです。

 

ハッキリと白い色がついているのは、膿を持った状態の黄ニキビですよ。白ニキビの場合は、まだ皮脂が毛穴に溜まっているだけの状態なので、痛みはありません。

 

鼻の下や口の周り、おでこや首筋などに、白っぽいニキビが出来ている人は、ポツンと1個だけという状況ではありませんか?

 

黄ニキビの特徴は、1つだけポツンと存在感があるのが特徴です。

 

白ニキビの場合は、細かいブツブツが大量に発生していることが多いです。白く存在感のあるニキビが出来て痛い場合は、白ニキビではなく間違いなく黄ニキビです。

 

名前がややこしいので、勘違いしている人が多いんですよね。私が美容部員をやっている時にも、8割がたの人が勘違いしていました。

 

市販のニキビ用の薬や化粧品などを買う時に、黄ニキビなのに白ニキビ用のものを選んでしまうと、ニキビを悪化させる可能性があります。

 

黄ニキビの場合は、間違ったケア方法をすると、ニキビ跡や色素沈着になってしまいます。

 

間違ったケアをしない為にも、白ニキビと黄ニキビの違いと、痛みをなくして治す方法を紹介していきます。

 

 

ニキビ化粧品でケアするなこちらの記事を見てね!

 

 

スポンサードリンク

 

白ニキビと黄ニキビの違いは?

白ニキビと黄ニキビの大きな違いはザックリ言うと

 

白ニキビ
毛穴に皮脂が詰まっている
透明の小さいブツブツが大量発生

 

黄ニキビ
毛穴に膿が詰まっている
存在感のある白いニキビがポツンと出来る

 

こんなところです。

もう少し詳しく説明していきます。

 

白ニキビの特徴

白ニキビ 痛い

 

白ニキビは、ニキビの赤ちゃんです。まだ透明のブツブツが出来ていてる状態で痛みはありません

 

毛穴の中に皮脂が詰まっているだけで、炎症は起こっていないからです。ですので、この毛穴に詰まった皮脂を早く出してしまえば、ニキビがひどくなることはありません。

 

ニキビってこのような状態で進化します。

 

白ニキビ(毛穴に皮脂が詰まった状態)

黒ニキビ(皮脂が空気に触れて酸化して黒くなった状態)

赤ニキビ(アクネ菌の繁殖による炎症)

黄色ニキビ(炎症の悪化、化膿)

ニキビ跡(色素沈着、皮膚の陥没)

 

白ニキビの状態を放っておくと、皮脂が大好きなアクネ菌がのこのこやってきて、炎症を起こし赤ニキビが出来てしまいます。

 

白ニキビは出来ている事に気がつきにくいので、早期発見がニキビ治療の肝になりますよ。

 

黄ニキビの特徴

白ニキビ 痛い

 

アクネ菌が入り炎症を起こしたニキビに、さらに黄色ブドウ球菌(おうしとょくブドウきゅうきん)が入り込み、炎症が一気に拡大してしまった状態。

 

炎症が肌表皮の奥のほうにある真皮層にまで達しています。肌の中も傷つけれらている状態なんですね。

 

 

だからその傷跡がニキビ跡や肌が凹凸したクレーターや色素沈着になる可能性がとても高いんです。ですので、白ニキビだと思って潰してしまうと確実にニキビ跡になってしまいます。

 

それにこれだけ肌の中まで傷つけられているわけですから、痛いはずです。

 

黄色ブドウ球菌とは

少し余談になりますが、黄色ブドウ球菌について簡単に説明しますね。

 

この黄色ブドウ球菌は皮膚のトラブルに関わりが多いので、知っておいて損はないですから。

 

 

黄色ブドウ球菌はアクネ菌と同じように、肌にいる常在菌で傷口の化膿 (かのう) の原因になることが多いです。

 

ニキビの場合も傷ですからね。さらにとびひ、アトピーにも関係しています。

 

虫刺されやアトピーは、かゆいので掻いてしまいます。その掻いた傷口から黄色ブドウ球菌が入り、とびひになったりアトピーが悪化してしまうようです。

 

私は大人になった今でも、よくとびひになるのでわかるのですが、とびひになった部分に芯が出来て黄色い汁が出てくるんですよね。これが黄色ブドウ球菌の液なのかもしれません。

 

私の友人の話なのですが、アトピーが悪化した時に、身体中から黄色い液が出てきたと言っていました。私と同じように、黄色ブドウ球菌の液が出てきたのかもしれません。

 

皮膚に傷が出来た時は、清潔にして黄色ブドウ球菌が悪さしないようにしたいものです。

 

白ニキビの痛みをとる治し方

それでは、白ニキビの痛みをとる方法を紹介していきます。

 

白ニキビと黄ニキビでは症状が違うので、治し方も違います。ですので、それぞれの治し方を分けて紹介します。

 

黄ニキビの場合は、基本的には皮膚科で治療するのがおすすめです。

 

白ニキビの治し方

白ニキビの場合は、まだ毛穴に皮脂が詰まっているだけの状態なので、この皮脂を取り除く事と、皮脂を出にくくする事がポイントになります。

 

皮脂を取り除く方法として、即効性があるのは白ニキビを潰す事。ニキビを潰して、膿を出す方法です。

 

自宅でも出来る方法なのですが、できれば皮膚科に行ってやってもらったほうが安心です。保険適用でやってくれるので、懐にも優しいです。

 

自宅で白ニキビを潰すには、コメドプレッシャーという器具を使用します。コメドプレッシャーは、薬局やドラッグストアで買う事ができます。

pdt2919772

 

白ニキビを潰すために用意する道具
・コメドプレッシャー
・ピンセット
・消毒液(マキロンなど)

 

白ニキビを潰す手順
1、手や器具を消毒する
2、ピンセットで、ニキビの表面を少しだけ潰し穴を開ける
3、コメドプレッシャーで皮脂を押しからめとる
4、患部を消毒する
5、塗り薬かニキビ化粧品をつける

 

ニキビ化粧品でケアするならこちらの記事を見てね!

 

あとは、洗顔で肌を清潔にして必ず保湿をすること。

 

保湿をすることで、肌内部の環境が整って肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常になるので、皮脂を押し出してくれる効果があります。

 

 

洗顔のし過ぎは、肌が乾燥して皮脂が過剰に出る原因になるので、注意してくださいね。(肌の防御反応で、皮脂を出して乾燥を防ごうとするから)

 

皮脂を出にくくするためには、油っこいものや甘いものを食べ過ぎない事ストレスを溜めない事です。油ものや甘いもを食べると身体の中で分解され皮脂になりますからね。

 

ストレスが溜まると緊張状態が続き、自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れるとホルモンも影響されて、皮脂を大量発生させる男性ホルモンが活発になるからです。

 

自宅でニキビを潰すことは個人的にはあまりおすすめしませんが、日常生活を気をつけるだけで白ニキビを治すことは出来るので、がんばりましょう。

 

黄ニキビの治し方

黄ニキビを治すためには、皮膚科に行く事をおすすめします。

 

黄色ブドウ球菌が入り込み、膿んでしまったニキビは、抗生物質などで治療すれば痛みもとれるし、早く治す事ができるからです。

 

 

黄ニキビは、皮膚の内部にまで傷が出来ている状態なので、間違ったケアをしてしまうとニキビ跡やクレーター、色素沈着を起こしてしまう可能性がかなり高いからです。

 

ニキビでさえ、治療がそこそこ大変なのに、ニキビ跡などの場合はさらに治療に時間がかかり大変な事になってしまいます。ですので、黄ニキビの場合は自己判断でケアしないで、皮膚科に行きましょう。

 

白ニキビ 痛い

 

皮膚科では患部の炎症を止めるために、抗生物質の内服薬が処方されます。

 

症状がひどい場合は、ステロイドの注射をしてくれることもあります。お医者さんの判断によっては、塗り薬が処方されることもあります。

 

抗生物質が処方された場合は、必ず薬は最後まで飲みきりましょう。決められた日数分飲まないと、効果が現れないですからね。

 

 

また内服約と併用して、漢方薬の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)を処方されることもあります。

 

漢方薬は即効性はありませんが、身体の中から根本的に治す効果があるので、時間はかかりますが、繰り返しを防ぐことができます。

 

市販の薬を買って自分で治療する方法もありますが、おすすめできません。やはり皮膚科の診断を仰いだ方が、痛みも治りも早いです。

 

まとめ

白ニキビが痛いと悩んでいる人は、黄ニキビかもしれません。黄ニキビを白ニキビと勘違いしている人はたくさんいますので、注意してくださいね。

 

白ニキビは潰したりしない限り、痛くなることはありません。白っぽい膿が出ているニキビは黄ニキビです。黄ニキビはニキビでも炎症が進んでいる状態なので、痛みを伴います。

 

黄ニキビで痛いならば、皮膚科に行って正しい治療を受けましょう。くれぐれも自己判断で、ニキビ跡や、クレーター、色素沈着を起こさないように気をつけてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. 白ニキビ かゆい
  2. ビーグレン ニキビ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. ビーグレン ニキビ
  2. 白ニキビ かゆい
  3. 白ニキビ 痛い

Google+