背中ニキビ跡を消すにはレーザー治療が一番なのか?

この記事は4分で読めます

背中ニキビ跡 レーザー

 

背中ニキビ跡の治療で、一番いいと言われているのはレーザー治療。

 

多少の痛みはともないますが、1回の治療で約10%の皮膚細胞が入れ替わるほどの効果を持ちます。

 

 

背中ニキビ跡の治療には、ピーリング、イオン導入、フォトフェイシャルなどがありますが、もっとも治りにくいクレーターになってしまったニキビ跡にも効果を発揮できるのがレーザー治療です。

 

 

しかし、レーザー治療って、保険がきかない自費治療だし、どんな治療なのか不安がありますよね?

 

 

そこで

 

なぜレーザー治療が背中ニキビ跡にいいのか?
レーザー治療の種類や金額
どのくらい痛いのか?

 

など、詳しくまとめました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

背中ニキビ跡を消すのになぜレーザー?

なぜ背中ニキビ跡を消すのにはレーザー治療がいのでしょうか?

 

そもそもニキビ跡って、肌の表面が赤くなっていたり、クレーター上に凸凹していますよね。

 

だから肌表面をケアすればいいように思うのですが、それは大間違いなんですよ。

 

 

 

ニキビ跡が出来てしまった時は、実は肌の奥の方(真皮層)に傷がついてしまった状態なんです。

 

肌の中の傷が炎症を起こし、それが形となって肌表面に表れているのです。

 

 

 

ですから、肌の表面をケアしてもニキビ跡の改善にはならないのです。

 

つまりニキビ跡を改善するためには、肌内部の傷を治療してあげる事が必要になります。

 

 

 

しかし、化粧品や薬の成分は肌の表面にしか作用せず、肌内部に届けることはできないので、レーザーの出番になります。

 

レーザーは肌内部まで届き、色素沈着を起こしていたり、クレーター状になっているニキビ跡まで改善する効果があります。

 

背中ニキビ跡は、茶や赤みのある色素沈着になるものが多いので、レーザー治療が一番適しています。

 

 

 

フォトフェイシャルやイオン導入はどうなのか?

肌の内部に働きかける治療法には、レーザー以外に、フォトフェイシャルやイオン導入があります。

 

フォトフェイシャルは特殊な光を使用し、レーザーより広い範囲を治療できるのですが、色素沈着を起こしているニキビ跡にはあまり効果がありません。

 

背中ニキビ跡は色素沈着系のものが多いので、レーザー治療のほうが適しています。

 

 

イオン導入は、肌に微弱な電流を流すことで、ビタミンCなどの成分を肌内部に届けることが出来ます。

 

しかしイオン導入の場合は、単体で使われることよりも、ケミカルピーリングや、フォトフェイシャルの後に施術することで効果を発揮するので、やはりレーザー治療のほうが効果は期待できます。

 

ニキビ跡の赤み!皮膚科ではどんな治療法があるの?

 

 

 

背中ニキビ跡 レーザー

 

 

 

 

レーザー治療の種類

日本で行われているレーザー治療は

 

・フレクセルレーザー
・ブリッジセラピー
・炭酸ガス(Co2)レーザー
・クールタッチレーザー

 

などが有名です。

 

ニキビ跡クレーターに効果的な治療法は?

 

 

背中のニキビ跡に効果的なものは、フラクショナルCO2レーザーになります。

 

 

フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザーは、皮脂分泌や肌のターンオーバーを正常に整え、自己治癒の力を利用して肌を再生させる治療法です。

 

効果

ニキビとニキビ跡を同時に治す
ニキビのできにくい肌質に変える

 

どんな背中ニキビ跡に効く?

クレーターやケロイド状のひどいニキビ跡
色素沈着をおこしているニキビ跡

 

 

どんな方法?

細胞の水分に反応する10600nmの波長をもつレーザーを
皮膚に0.1mm程の小さい穴をあけ肌に照射

 

クレーターの角を削るようにして表面を滑らかにし
目立たなくしていく

 

 

痛みはあるの?

痛みを取るための麻酔をするので
たえられないほどの激痛ではない

 

個人差がありますが、かなり痛いという人もいる

 

 

ダウンタイムは?

2-3日程続きます
下着などの摩擦に気をつけましょう

 

※ダウンタイムとは施術後の腫れや痛みが生じてから、普段の生活に戻るまでの期間

 

 

施術回数は?

3回~5回が平均的

 

施術費用は?

1回30,000〜50,000円前後
初回のお試し価格では5,000円前後という病院もある

 

ニキビ跡のレーザー治療の費用はいくらかかる?

 

 

 

レーザー以外の背中ニキビ跡に効果的な治療は?

レーザー治療以外にも、背中ニキビ跡に効果的だといわれている

 

ケミカルピーリング
イオン導入
フォトフェイシャル

化粧品

 

の治療法も紹介しておきますね。

 

 

ケミカルピーリング

病院でのみ扱うことができる化学薬品による、ピーリング。角質細胞の一部を除去することによって、肌の表皮のターンオーバーを促します。

 

ピーリング剤は、グリコール酸、サリチル酸、フルーツ酸などです。

 

 

ニキビ跡の色素沈着には効果がありますが、クレーター状のニキビ跡にはあまり効果が期待できません。

 

背中は顔よりも皮膚が厚いので、顔と同じ濃度のピーリング剤では、効果が期待できないので、症状や場所などで、濃度を調整してくれる病院がベストです。

 

 

ピーリング後に、イオン導入を併用すると効果があがります。

 

ピーリング1回あたりの金額は、3,000円前後から20,000円までと開きがあります。

施術回数は2~4週間ごとに1回のインターバルで、合計7~10回程度。

 

 

 

イオン導入

イオン導入とは、肌と導入物質に微弱な電流を流し、ビタミンCなどの有効成分を肌の深くまで届けることを可能にした方法。

 

ニキビ予防やニキビ痕を薄くすることができます。

 

 

有効成分の浸透力は、お肌の表面に成分を塗るだけと比べると30〜50倍

 

なので、ケミカルピーリング後にイオン導入することで、さらに肌の浸透が高くなります。

 

 

イオン導入の値段は1回あたり5,000円〜15,000円低路。

施術の目安は1週間に1度の施術を3〜4回程度。

 

 

背中ニキビ跡 レーザー

 

 

 

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、複数のいろいろな波長(IPLなど)の光をマイルドにお肌に当て、肌の色むらと肌質を改善します。

 

レーザーと違って、広い範囲を一気治療することができるので、背中ニキビにはおすすめの治療法となります。

 

 

しかし、肌の真皮層近くで色素沈着を起こしている場合やひどいニキビ跡の場合は、治療の効果を発揮できないこともあります。

 

 

フォトフェイシャルの値段は1回あたり、1回20,000円~40,000円程度。

1~3ヶ月ごとに1回のインターバルで、5回程度。

 

 

 

化粧品

背中ニキビ跡でも軽いものなら、背中ニキビ化粧品で改善することができます。詳しくは以下の記事に書いていますので、合わせて読んでくたさいね。

 

背中ニキビの治し方!即効で効く化粧品ってあるの?

 

背中ニキビ跡を消す化粧品の選び方とおすすめまとめ

 

 

 

 

保険適用内の背中ニキビ跡の処方について

今まで紹介してきたのは、保険適用外の施術で自費治療のものになります。

 

保険適用内で処方してもらえる薬では、背中ニキビ跡の改善は難しいのですが、ニキビをこれ以上悪化させない効果は期待できます。

 

また肌表面に出来た色素沈着なら、多少薄くできる可能性はあります。肌の真皮層近くに出来た色素沈着には、太刀打ちできませんが。

 

 

 

背中ニキビ跡で処方してもらえる薬

抗生物質(抗菌剤)
ビタミン剤(ビタミンB2、B6、C)
漢方薬
ホルモン剤

 

 

 

まとめ

背中ニキビ跡を改善するには、レーザー治療が一番効果的です。

 

なぜならレーザー治療は、初期のニキビ跡から色素沈着や、かなりひどいクレーター跡までカバーできるからです。

 

 

しかし、自費治療で金額が高いとか、痛みがあるなどのデメリットもあるので、治療を受ける前にしっかりと皮膚科やクリニックの先生と相談してくださいね。

 

 

また、軽い症状であれば、痛みのないフォトフェイシャルなどでカバーできる場合もありますよ。

 

すべては、専門のお医者さんの意見を納得いくまで聞くことが大切。

 

そして、適切な治療を受けて背中ニキビ跡を改善しちゃいましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 背中にきび 治し方 即効
  2. 顎ニキビ しこり 原因
  3. ボディショップ
  4. ベピオゲル 効果

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. パルクレールジェル
  2. 背中 ニキビ 跡 治す 方法
  3. 顎ニキビ しこり 原因

Google+