このサイトについて

このサイトはニキビのこと全般について書いています。ニキビで困っている人の悩みや疑問点にお応えできるよう、幅広い内容で構成しています。

 

ニキビの悩みを解消するためには、自分のニキビがどんなタイプなのかを知り、ニキビタイプに合わせたお手入れや治療が必要だからです。

 

※このサイトの記事は情報盛りだくさんなので、それぞれの記事の目次を参考にしていただき、興味のあるところから読み進めてください

 

私は元美容部員で、約6万人もの人の肌診断をしてきました。

プロフィールはこちら

 

その中でもニキビで悩んでいるお客様はとても多かったです。そんなニキビで悩んでいる方のカウンセリングをしてみると、間違ったお手入れをしてさらにニキビが悪化した方もたくさんいらっしゃいました。

 

 

そこできちんと自分のニキビのタイプを知り、そのニキビにあったお手入れをしていただくと、かなり症状がよくなってきました。そしてニキビの特徴ともいえる、同じ場所に何回も繰り返してできてしまうということがなくなりました。

 

だから、自分ニキビのタイプを知り、そのニキビにあったお手入れをすることってとても大切なのです。

 

 

 

このサイトは知識プラス体験ベースの情報で書いています

最近ではネットで情報がすぐに入るようになり、ニキビのことも検索すればたくさんの情報があっという間に手に入ります。 ニキビ専門のサイトもたくさんあり、かなり詳しい情報が書いてありますが、私は少し違和感を覚えました。

 

知識という点では、とてもためになる情報もあるのですが、実際にやってみたらどうなのか?って気になるんですよね。それに、管理人さんがニキビで悩んでいても、自分とニキビのタイプが違うと不安になりませんか?

 

 

管理人さんはこの方法で悩みが解決したけれど、自分の悩みとは違うのでサイトに書いてある方法を試してもいいのだろうかと。ですから、私は自分が過去にニキビで悩んでいるお客さまと共にニキビを解決した経験をもとに、ニキビの最新情報をお伝えしています。

 

やはり、知識と実体験は違うんですよね。知識の上では、これを使用したらこうなりますよ~ということも、使う人のもろもろの状況によって症状を悪化してしまうこともあるのです。

 

 

同じニキビの症状でも、もともと肌の状況が乾燥なのか、脂性なのか、敏感なのかによってもお手入れの方法は違うのです。その違いを知らずに、この症状にはこの化粧品でお手入れしたほうがいですよ~という情報通りやって、症状が悪化してしまう。

 

また、たまたまひどい状態の時に、初めての化粧品や薬を使用してしまい、本来は使えるはずのものが使えないといいうことも。

 

女性の場合は、生理前後は身体全体がデリケートな状態になるので、普段なら使うと症状がよくなるはずのものなのに、こういう時期に使うと症状が悪化してしまうということもあるんですよ。

 

 

それで、この化粧品は合わないので、こっちの化粧品を使ってみよう、でも合わなかったので、あれを使ってみようと化粧品ジプシーになってしまう。それもストレスになって、ニキビを悪化させてしまう原因になるんですよ。

 

それって本末転倒だと思うので、私の体験を通してできる限りニキビで悩んでいるかたが改善に向かうような情報をお伝えしていきます。

 

 

 

レイカも外に出られないほど肌がすごかった

でも、そういうレイカさんだってニキビに悩んだことがないんでしょ。ニキビで悩む辛さなんてわからないでしょ。と思われるかもしれません。

 

私はニキビは出来ていませんが、肌が弱くて大学病院でも治すことができない、皮膚炎にかかったことがあります。大学病院にお願いされて、研究のために皮膚を提供したくらい、特異な症状でした。

 

 

顔中がやけどの様な状態で、見たこともないような肌のかぶれ。私はいまだにあの時の私のような肌の状態に人に会ったことはなく、10人中10人が振り返るような状態でした。

 

そんなひどい顔を見られたくないので、誰にも会わないように朝一番で病院に行くというような生活をしていました。外に出るときは、つばの長い帽子をかぶり、サングラス、マスクで顔全体を覆っていました。

 

 

なので、ニキビや敏感肌などで肌が荒れていて人が顔を見られたくないという気持ちは痛いほどわかるのです。今はほぼ全快したので、こうやって記事にすることができますが、その当時は明るい未来は考えられませんでした。

 

漢方薬や化粧品、サプリ、食物などいろいろなものを試して、2~3年かかりましたがそのひどい症状は治まりました。その時に肌がきれいなのって本当に幸せだな~と思いました。

 

今はニキビが出来ていて、外に出るのも憂鬱かもしれませんが、必ず解決方法はあるのであきらめないでくださいね。

 

 

 

小難しい話はしません

ニキビや化粧品の情報サイトでは、よく使用成分について書かれています。どのような成分が入っているのか気になる方もいらっしゃいますからね。でも成分の情報って、なんか小難しくないですか?

 

わたしの経験から思うのですが、成分についても押さえておくべきポイントはあるのですが、それよりももっと大切なことってあると思うんですよね。

 

 

肌に影響を与えるのは、普段なにげなくやっている日常生活の小さなことだったりするのです。肌にとってよくないことを日常生活でしていれば、ニキビや肌荒れができるのは必然なのです。ですから、まずは日常生活を見直すことが大切なのです。

 

それにプラス、自分のニキビにあった化粧品や薬を使用する。

 

私の経験からも日常生活を見直さなければ、いくら効果のあると言われている化粧品や薬を使用しても効果が半減してしまうことがわかっているからです。もちろん成分の話を全くしないわけではなく、必要なことはきちんとわかりやすくお伝えしていきます。

 

 

 

余談ですが・・・

 

成分についての話で、ちょっと知っておいたほうがいいかもしれない情報です。成分、成分といいますが、同じ成分の化粧品でも、どれだけの量が配合されているのかとか、どのくらい純度の高い成分が入っているのかって、どこのメーカーさんもあまりく詳しく記していないですよね。

 

そうなると、同じ成分の化粧品だと、ネームバリューのあるものが売れる傾向があります。テレビCMや雑誌で紹介されているので、いいと思ってしまいますからね。でも実際は試してみないとわかりません。

 

 

また、化粧品メーカーさんが自社工場を持っている場合とそうでない場合でも違いはあるのです。自社工場を持っていない場合は、化粧品工場にお願いして商品を作ってもらわなければなりません。

 

化粧品工場がもっている成分というのは限られています。自社工場や研究所を持っているメーカーさんのように新成分を開発したりできないですからね。

 

 

ですので、自社工場を持っていないメーカさんの場合は、限られた成分の中からどのような成分をキュレーションするのかが腕の見せ所になります。

 

化粧品工場はそんなに多くないので、自社工場を持たないメーカーさんの場合は、似たりよったりの商品ができてしまうからです。

 

 

昔は圧倒的に、自社工場を持っているメーカーさんのほうがいい商品を作っていたのですが、最近では巧みなキュレーション技術で、素晴らしい商品を作るメーカーさんもたくさんあります。

 

ですので、メーカーさんの理念とか想いとかを読み取ることも大切だと思います。あえてこの成分は使いませんとかいうような話が書いてありますからね。

 

 

 

質問、ご意見大歓迎です

いろいろと書いてきましたが、ニキビを治療するには、まずは自分のニキビのタイプを知り、自分の肌質にあったお手入れ、治療をすることが大切です。

 

このサイトでは、知識だけでなく私の化粧品会社時代の体験談をもとにして、どんなタイプのニキビの人にも参考にしていただけるように書いてます。

 

 

しかし、体験談があるにしてもニキビで悩んでいる方すべてにあてはまるかと言ったら、そうではない場合もあると思います。

 

ですので、私の書いた記事に疑問がある方や、こういうニキビで悩んでいますなどいうことがありましたら、お気軽に質問してくださいね。

 

 

今でも美容関係の知り合いがたくさんいますでの、私でわからない事があれば調べてお知らせしていきます。

 

とにかく肌がきれいになると世界がかわります。メイクをするのも楽しいし、おしゃれも楽しくなります。

 

 

私のブログがみなさんのキレイの後押しできたらうれしいです。

 

お問い合わせはこちら

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめカテゴリー記事

  1. パルクレールジェル
  2. 背中 ニキビ 跡 治す 方法
  3. パルクレール

Google+